当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク
オススメ工具

スジボリや傷の修正とパテについて

オススメ工具
スポンサーリンク

2023年3月にスジボリについての記事を投稿しましたが、…あれから早10か月。

人は進歩していくものです。

スジボリ下手なのは相変わらずなので、ミスは必ずするんですがw

それなりにリカバリーも上手くなってきたので、2024年2月現在のオススメ修正方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スジボリの失敗例とは

初めてスジボリを始めた時は、オーバーラン する事が多々あった気がします。

スー…ギギっ「あっ」とかよく言っていた気がします。力を入れすぎるのが原因なんでしょうね。

いつからかオーバーランも少なくなってきましたが。

オーバーランを防ぐには ケガキ針 で優しくアタリをつけておくのがコツだと思います。

さて、私の体験談となりますが「スジボリを失敗した!」と感じるランキングです。

第一位  左右対称のラインなのに角度が違う

第二位  直線がよれている

第三位  デザインがそもそも気に入らない

第四位  ラインが太すぎる

そうなんですよ、左右が対象にならないんですよ。

特にクランクとか絶対同じ角度にならなくて。市販ガイドを使う プラ板(クリアファイル)で型を作る ガイドテープで角x角を使って図形を作る とか、毎回試行錯誤しています。

ちなみに最近は、そのまま「クランクの型」はなくて、直線をひいて角度だけガイドを使ってアタリをつける方法が、割とうまくいっています。

スジボリや傷の修正(リカバリー)方法

失敗したスジボリは、消してやり直すのが一番です。

昔はスジボリ失敗すると、予備機を買ってきちゃったりもしていましたが

今は普通のスジボリも、まずケガキ針で普通に軽く線ひいて「後で消せばいいやー」って感じです。

慣れって凄いですね。

それでは、スジボリのミスやキズ等をリカバリーする方法を、使用感も含めてご紹介してみます。

グレージングパテⅡを使ってみる

ガンプラ始めた頃に使っていた、「グレージングパテⅡ」というマニアックなパテです。

エポパテや、ポリパテは勿論知っていたんですが…硬化に時間が掛かるので、もっと手軽に使えるものはないか、と。

たしか、誰かのWEB記事を読んで使いやすそうだな、と思い購入したんだと思います。

使用感は、タミヤパテとかに近いですかね。

乾燥時間が短いので、浅いキズなら30分くらいで研磨可能になります。

写真くらい盛っちゃうと2~3時間かかる気もしますが。

凄い量なので、2年くらい前に買ったのにまだ半分以上残っています。

正直、最近はあまり使っていないですが…。

●メリット
・ 速乾性でヘラ伸びがいい
・ 1液型でチューブから取り出しそのまま使用できるので、無駄にならない
・ キズ埋めなら問題なく使える(0.1mm以下推奨)
・ 硬化後も比較的柔らかいので、切削加工がしやすい
・ 量が多いのでコスパがいい

●デメリット
・ 蓋を開けたままだとすぐ硬化するため、塗布するときにボソボソになる
・ 硬化後は比較的柔らかい為、スジボリの彫り直しには適さない(失敗跡をトレースしてしまう)。

イージーサンディングを使ってみる

タミヤの万能瞬間接着剤です。キズ処理、リカバリーからエッジの整形まで。

硬化後に削りやすい瞬間接着剤なので、万能に使えます。

硬化促進剤もセットで使えば、5秒程度で切削可能。

何かキズ入ったら、ちょんちょんって塗って硬化剤シューっですぐヤスれるという。

リカバリ10秒ですねw

イージーサンディングは本当に使いやすくて、使用頻度も高いのでウチは常に5個くらいストックしています。

単純なリカバリから、合わせ目消し、パーツ接着、パテのような使い方まで、何でも出来る印象です。

古い作品で恐縮ですが

これ、肩の白部分とか確かイージーサンディングでエッジ出した気がします。

おぉ、すげーなw

って感動したのを覚えています。

こんな使い方もできるのがすごい。

●メリット
・ 通常の瞬間接着剤よりも硬化後が柔らかく、切削しやすい
・ 硬化促進剤(スプレー)との併用で、最速で硬化・加工が可能
・ 大き目のキズにも使いやすい。
・ サフの上からでも塗布可能なので、キズの確認・リカバリがしやすい
・ 若干粘度もあるので、パテのような使い方も可能
・ 硬化後はデザインナイフで削れるので、整形がしやすい

●デメリット
・ スジボリのリカバリ等では、硬度があるため彫り直しは少しコツが必要
・ 透明なため、塗布した箇所のキズが消えているかがわかりにくい
・ 使用後に先端から液が多少漏れるので、蓋が硬化してしまい開かなくなることがある

光硬化パテを使ってみる

スジボリ堂さんの「光硬化パテ」です。

…革命がおきましたw

たしかラーガンダムの途中から使い始めたと思います。

1つ買ってみて…やばい、これは買いだめしないと! と、追加購入しました。

光硬化パテって、なんかよく分からなくて敬遠していたんですが

これはもっと早く知っておくべきでした。

神ツールですが、2か月ほど使ってみてデメリットも分かってきました。要は使いかたですね。

まずは使用感を。下記は、スジボリを消しているところです。

白いドロドロした液状で塗布します。粘度はイージーサンディングよりあります。

これにブラックライトを当てることで、硬化していきます。10秒くらい照射すればOK です。

艶ありの状態の液体が、艶消し状態になると硬化完了です。

ちなみに、硬化しているとき少し煙が出ます。不思議です。

硬化した後は、ヤスリでサクサク削れます。サクサクという表現が一番しっくりきます。

個人的に地味にポイント高いのは、硬化後・切削後にキズが完全に見えなくなることです。

イージーサンディングのように、キズが透けて見えていると本当にキズが消えたのかわかりにくい。

粘度が高いので、ちょっと大きめの隙間なんかも消しやすいです。

ほら、この通り。

あと、これはとっておきの裏技ですが…。

ガンプラ パーツの隙間を埋める方法

パーツの噛み合わせが悪いとき、切断後の隙間があいている時などに使う裏技です。

① パーツ同士をハメた状態で隙間に光硬化パテを塗布
② 6~7割硬化させた状態でパーツを取り外し(完全硬化するとくっついてしまいます!)
③ 光硬化パテにさらに数秒ブラックライトを当てて完全硬化
④ はみ出した部分はヤスリで綺麗に仕上げて完成

どうですか、これ?

イージーサンディングとかパテだとなかなか難しい作業ですが、光硬化パテを使うと簡単です。

ちなみにこんな使い方もありますよ!

ガンプラ パーツのシャープ化、スパイク等の尖らせ方

ウィングの先端や、スパイク、突起状のパーツを尖らせる時に使う裏技です。
本来は、先端を切り落としてプラ材を接着、硬化後に削りだすので、硬化まで1日ほど待つ必要がありますが…この方法なら1分でできますよ!

① シャープ化させたい箇所の下敷きにマステを貼り付け、光硬化パテを盛ってやります。
② 6~7割硬化させた状態でマステを剥がすとパテでバリが出来ています
③ さらに数秒ブラックライトを当てて完全硬化
④ 余分な部分はカットして、鋭角にヤスリで削ってやれば完成!

さて、ここでデメリット…というか注意点について。

●メリット
・ 硬化後の硬度が、最もプラに近く、切削・加工がダントツにしやすい
・ 粘度が高いので、パテ的な使い方も可能
・ ブラックライトの照射時間で硬度の調整が多少可能
・ 白い液状で、硬化後は下地のキズが完全に隠れるため効果がわかりやすい
・ スジボリのリカバリは、比較的プラと変わらない感覚で彫り直せる
・ 食いつきがいいため、切削後も完全にパーツと同化して使いやすい

●デメリット
・ サフ・塗装後のパーツには使えない(はがれてしまう)
・ ヤスリをかける時は柔らかい感触だが、ナイフで削ると硬い気がする(削りにくい)
・ 硬化にブラックライトをあてる必要があるので、広い面積の場合は時間が掛かる
・ 若干価格がお高め

結論

あくまで使いかたですね。

私のオススメの使い方は、小さいパーツの修正は光硬化パテを使用、

サフ後のキズチェックで、キズが残っていた場合はイージーサンディングで修正

大き目のパーツや面積の広いパーツは、イージーサンディングを塗って全体に硬化スプレーを吹いたほうが断然早いです。

スジボリの修正は、光硬化パテのほうがやりやすいですね。

あくまで個人の感想ですが、ご参考にして頂ければ幸いです!

ランキングにご協力ください!
スポンサーリンク
シェアする
のるすけをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました